小平市商工会青年部

第19代部長 藤田 透

プチ田舎と呼ばれ、七つの駅を持つ小平

ープロフィール

名  前:藤田 透(ふじた とおる)
社  名:フジタデザイン
仕事内容:ポスター、カタログ等のデザイン
自己PR:いつも遊び心を忘れず、
     何事も楽しんでやることが大事だと思っています。
第19代部長  藤田

ー簡単な自己紹介をお願い致します。

小平でフジタデザインというデザイン事務所をやっております藤田透と申します。
年齢は41歳で小平に住んで7年目となります。
地域に根ざして仕事をし、良いデザインで小平を彩っていきたいと思っています。

ー出身が宮城県の地域ですが、
なぜここで仕事をされているのですか?

元々、小平に縁はなかったのですが
嫁さんの実家が小平でした。
子供が生まれるのをきっかけに
嫁さんの実家がある小平に引っ越してきました。
僕は転勤族だったため色々転々として
故郷という感覚はあまり持っていなかったのですが、
小平に7年住み、これからもずっと住むことになると
思うので、小平こそが故郷と感じています。
第19代部長  藤田

ーでは、小平に住むようになって良いと感じるところを教えてください。

小平はプチ田舎と呼ばれており、中央線のベッドタウンとなっています。
都会の便利さもすぐ近くで、田舎のような和やかさもあり、
それぞれの良さを併せ持った良い地域だと思います。
特にグリーンロードと呼ばれる小平を縦断する緑の多い散歩道があるのですが、
ここを移動している時は心が落ち着いて良い時間、良い場所だと感じます。

ー小平市商工会青年部活動をしていて面白いと感じる瞬間はどんな時ですか?

小平には駅が7つもあることが特徴の一つと思います。
それぞれの駅に個性があり、そこに住む人々も自分の住んでいる駅周辺が好きだというのを感じます。
なので、駅ごとにイベントが様々に行われ、特に夏はあっちでこっちでとお祭りが開催されます。
青年部の事業を行う際も、次はどの駅で事業を行おうか、
駅の個性に合わせた事業は何かと毎回楽しみながら企画しています。

ー小平市商工会青年部の事業で自慢できることがあれば教えてください。

2013年に地域活性化事業として『だいらコン』という街コンを行いました。
地域の商店の地図を作ったり、お店に入るきっかけを作ったり、
イベントは大成功で地域の活性化に一役買いました。周りの青年部の単会にも注目され、
この小平を始まりとして他の単会でも街コンイベントが次々に行われました。
小平商工会青年部として、今後も地域の特色を活かし地域のために一生懸命活動して行きたいと思います。
さくら